軽いけがならいいけど・・・

ちょっと足の小指をぶつけた。小石につまづいて転んでしまった。

などの程度の軽いけがなら、人生でなんども経験したことのあるものだと思うが、盲腸や外科手術の必要な病気となってくると人生でそう何度も経験することは無いと思います。

自分はもちろんですが、家族や子供がそういった大きな病気やケガに悩まされる事も人生では十分に考えられます。

そうなった時に、十分な貯えがあればいいのですが、大きな病気やケガの治療費はかなり高額で支払いに困る事もあるでしょう。

そんな時に保険に入っていると本当に心から安心することができます。